木の外壁

建築知識原稿

残念ながら都心や市街地では、火災の延焼予防から外壁材に制限があり、多くの住宅は金属板やセメント系の既製品かモルタルを塗り込んだ外壁に落ち着いてしまう.写真の住宅は、海岸線から70mしか離れていない立地であったため、そのような制限からは逃れていた.土地は広いものの十分な予算のない中でどのような外壁材が最適なものかを画策していたときに、雑誌でふと目に止まったのが、カリフォルニアでムーアの設計したシーランチの現在の写真であった.私の学生時代のあこがれの作品である.その写真は築30年を越えているにも関わらず風雨に耐え、新築当時にも増して迫力のあるたたずまいを見せていた.外壁材はレッドシダー.日本では米杉とかカナダ杉と呼ばれているこの材料は北米地域で多く使われている材料で、屋根葺き材として使われることもある.住宅建材として加工された製品が日本にもかなり安い価格で輸入されている.検討の結果、価格、耐久性、木造の骨組みとの相性がとても良いことがわかり、使うことに決定した.日本では○○杉と呼ばれ、見た目も杉ににているレッドシダーだが、実は檜科の木材で、木の匂いは桧に近い.この匂いは、一般にヒノキチオールと呼ばれる防虫防腐効果に有効な成分のためで、桧よりも多く含んでいる.外壁材やデッキ材として外部で使うのには最適の材料である.輸入されている製品はいろいろなグレードがあり、安いものは色味も木目もバラバラに梱包されてくる.赤いもの、白っぽいものとバラエティーに富んでいる.写真で黒っぽく塗っているところは色の違いを目立たなくさせる意味もあり、濃い茶色に塗っている.塗料はペンキのように表面に皮膜を作るものではなく、外壁用ステインというインクのようなものをしみこませて使うのが良い.木の表面が呼吸をし、しかもしみこんだ部分まで保護されるからだ.その後、大阪のクリニック計画でも外壁に使用した.この計画ではコンクリートの外壁の上から仕上材として木造外壁を張っている.外断熱工法と組み合わせれば意匠的な効果はもちろん、性能的にもより優れた解決となる.2階部分は木造であるが一階のコンクリート部分に木を張っているため違和感なく外観をまとめることが出来た.このような木の外壁は、なんと言っても町並みに対して柔らかい表情を見せてくれるのが良い.なかなか使うチャンスはないものの積極的に使っていきたい材料と思っている.